会社にしがみつかない生き方

会社に頼らず生きていくための人生設計とマネー戦略

しがみつかない生き方

戦後の日本では多くの人たちが大企業に就職し、終身雇用、年功賃金というシステムのもとで高度経済成長の恩恵を受けてきました。

しかし、高度成長は終わり、そのようなシステムが崩れ始めて久しいです。

 

にもかかわらず、まだまだ「大企業に就職できれば一生安泰」というような”神話”を信じている人も少なくありません。

ところが、そんな時代は既に終わり近づいていることは、「大企業の経営が芳しくない」というニュースが多く報じられていることからも想像することができるでしょう。

 

いきなり不安をあおるようなことを書いて申し訳ありません。

何も日本の将来に失望してこのようなことを書いているわけではありません。

日本の技術力やおもてなしの精神は世界に通用するものであり、まだまだ日本の将来は有望だと思っています。

 

しかし、グローバル化の波にさらされて、さまざまな業界で競争が激化しています。

これまでの「護送船団方式」のように誰もが守られて安心して生きていけるとは到底、思えません。

大企業に就職できたとしても、経営が悪化すればリストラで解雇されるということも大いにありえます。

 

そのような状況に陥ったときに何の力もなければ、生きていくことはできません。

だから、会社にしがみつくような生き方では、これからの時代は厳しいのです。

 

生き残っていくためにはそれなりの「力」をつける必要があるでしょう。

言うまでも無く、力とは武力のような攻撃力のことではありません。

 

資本主義経済の国である日本ではお金や経済に関する知識や力が必須となります。

知識を身につけ、お金を稼いだり、資産を守ることを実践する力が必要だということです。

 

知識もなく、何も考えずに会社から給料をもらってお金を使っているようではそのような力は身につきません。

自分の力を身につけて会社にしがみつかなくても生きていけるようになりましょう!

 

公開日: