会社にしがみつかない生き方

会社に頼らず生きていくための人生設計とマネー戦略

「傾斜マンション問題」やはりマンションは買うべきではない?

   

am100_sc007

横浜市の傾斜マンションの問題がメディアを騒がせていますね。

 

以前から書いていますようにマンションであれ一戸建てであれ、マイホームの購入は人生で最も大きな買い物です。

そんな買い物でこのようなマンションをつかまされてはたまったものではありません。

 

今回の物件は販売元が三井不動産という大企業なので、販売価格かそれ以上の価格で買い戻してもらうことができそうです。

しかし、これがそんな体力の無い中小企業が販売したものだったらどうなっていたことでしょう?

 

また、販売価格と同程度で買い戻してくれても、近隣のマンションの相場は上昇しているようで、同等の物件を買うのは難しそうです。

近隣のマンションを買うことができたとしても、生活環境の変化への影響は小さくないでしょう。

例えば、お子さんのいる家庭であれば、転校することになったり、いろいろと大変なことがあるのではないでしょうか。

 

このような不正による欠陥物件の存在は、今回の件だけとは到底思えません。

今後、調査を続けると次々と問題のある物件が出てくるのではないでしょうか。

 

このようなことが起こると、とてもマンションを買う気にはなれませんね。

それでは一戸建ての方がいいのかと言えば、それも同じことでしょうね。

 

もちろん、今回のような欠陥のある物件の存在はごく一部と信じたいですが、大きな買い物であるが故に慎重にならざるを得ません。

 

賃貸に住むにしても、欠陥があったとなると生活への影響は避けられませんし、いずれの道を選んでも何らかのリスクは背負うことになります。

 

一消費者として、事業者には誠実な仕事をしてもらうよう期待します。

 - ライフプランニング